なぜ短時間で素敵な花の絵が描けるのでしょう?

①花の描き方を説明します。

 花の作り(花びらの形や枚数、おしべの数など)を説明します。

 どの筆を使ってどのように筆を動かすか、花を描きながら説明します。 

 

②不透明水彩絵の具を使います。

 ホルペインのガッシュという絵の具を使います。

 ガッシュは下の色を隠すので、

   例えば黒いバックの上に白い花を描くことが可能です。 

 下の色を隠すということは修正が容易です。

 

③花瓶から描きます。

 デッサンしないので、バックを塗ったら花瓶を描きます。

 花瓶に花を挿すように描いていくことで、

   構図に迷わず自然な形に仕上がります。 

 

④色を重ねて仕上げます。

 一度描いた花の上から不透明水彩の利点を生かし、色を重ねます。

 そうすることで、簡単に奥行き感が表現できます。

 

⑤花を上から描きます。

 色を重ねた後、さらに花や葉を書き込みます。

 これにより、花の立体感が表現できます。

 

⑥色々な表現方法

 ガッシュは水の加減で色々な表現が可能です。

 濃度を薄くすれば透明水彩のような表現も出来ます。

 

基本的な描き方は 通常レッスンをご覧ください。